心療内科の選び方

心療内科と精神科の違い

男性の医師

ストレスや疲れがたまると体の調子が悪くなることは誰でも起こります。 その不調が長引くようであれば、注意する必要があり病院を受診する必要があります。 大阪であれば総合病院や内科など数多くのクリニックがあります。 どの科を受診すればいいか最初は迷って、大抵の人は内科を受診します。 腹痛や下痢などの症状で内科や消化器科を受診してレントゲンなどの検査をしてもなにも異常が見られない場合、心身的な要因からくる体の不調である場合があります。 その場合内科から心療内科を紹介されて受診するケースが多いようです。 心療内科というのは主に心の状態が原因で体に不調が現れる心身症を治療します。 気を付けたいのは、うつ病などの精神疾患の病気は精神科の領域であるということです。 うつ病で大阪の心療内科を受診した場合、精神科へ行くように言われる場合もあります。

病院選びのこつ

心療内科という名称であっても医師の専門が精神科で精神科の領域を取り扱っているクリニックも存在します。 それは精神科が敷居が高いと患者に敬遠される傾向があるからです。 患者にとっては病院選びで迷う要因となってしまいます。 その時は診療科目に書いてある内容で判断します。 診療科目に内科と心療内科が書かれていれば心療内科の専門医か、心療内科を学んだ内科医が診察を行っています。 診療科目に心療内科と精神科、神経科が書かれていれば精神科の専門医が担当することになります。 診療科目に注目するのが病院選びで知っておくと良い情報です。 大阪にも数多くの心療内科がありますが、病院選びで迷ったらインターネットの病院紹介サイトを利用する方法もあります。 大阪の心療内科を実際に訪れた人の感想が掲載されているクチコミサイトもあるので参考になります。