様々な診療スタイル

自由診療も行なわれています

人形と紙くず

医療機関独自の取り組みがしやすい自由診療は、現在心療内科においても広く取り入れられています。大阪の診療科でもこのような自由診療メニューを設ける心療内科があり、通常の病院では中々行き届かない面までフォローを行なっているのです。 自由診療は当然のことながら自費での支払いとなります。一般的な心療内科の保険治療の場合、1回の平均的な医療費は約3000円程度ですが、自由診療の場合には1万円以上することも珍しくはありません。特に30分から1時間程度の時間が必要になるカウンセリングを行なう場合には、医療費は高額になることがあるのです。心療内科によっては様々な独自の検査も行なわれており、こういった検査費用も加算されることがあります。

踏み込んだ治療も可能になったのです

自由診療が心療内科においても取り入れられるようになったことで、診療もより踏み込んで行なうことが可能になりました。アプローチ法も増え、カウンセラーによるカウンセリングやアロマテラピーなどの療法も診療メニューの一つとして試みられるようになってきたのです。医療機関ごとのオリジナリティも表現しやすくなり、心療内科ごとに個性が感じられるようになりました。 大阪の心療内科では、登山やスキューバダイビングなどの際に必要となる健康相談を自由診療で受け付けています。健康保険の適用では出来ない予防的な診療も、大阪の心療内科のように自由診療で行なえば、特に問題はない訳です。大阪の心療内科では、こういったアウトドアスポーツを快適に行なえるようサポートを行なっています。